NEWS
2021.10.20
『シン・仮面ライダー』監督・庵野秀明がプロとして初めて編集に関わった作品復活!
その名は「シン・コンプリート・サンダーバード」
2022年予定、BS10 スターチャンネルにて独占放送決定!!
庵野秀明からのコメントも到着!
「BS10 スターチャンネル」では、サンダーバード55周年長期特別企画を放送中。その目玉として、1985年に庵野秀明氏が編集に関わった「サンダーバード」のダイジェスト編「ザ・コンプリート・サンダーバード」を復元し、HDリマスターした「シン・コンプリート・サンダーバード」を2022年予定にて独占放送することが決定致しました。


本作は、当時25歳の庵野秀明氏(『シン・仮面ライダー』 『シン・エヴァンゲリオン劇場版』)がプロとして初めての仕事として編集に関わった「ザ・コンプリート・サンダーバード」を、この度、東北新社の倉庫に眠っていた当時の映像を見つけ出し、再び庵野氏の監修のもと、修復とHDリマスターを施して新たに生まれ変わらせる、ファン必見の作品です。公開に際し、庵野氏から「『ザ・コンプリート・サンダーバード』に再び関わらせて頂けることに感謝しています。サンダーバードファンの皆様に楽しんで頂ける作品を目指して頑張ります。」(コメントの全文は2P目へ)と、並々ならぬ想いが溢れるコメントが到着。さらに、新たなタイトルである「シン・コンプリート・サンダーバード」は庵野氏自ら命名致しました。今後の続報にご期待ください。

庵野秀明氏
《庵野秀明氏コメント:全文》
1985年に構成・編集で参加させて頂いた「ザ・コンプリート・サンダーバード」は、当時、アッセンブルとインサートしか出来なかったアナログ編集時代に膨大な時間と手間を掛けて、周囲に大変な迷惑を掛けながら何とか形にしたものでした。

当初の構成案はメカグラフィティーとしてメカの活躍等を音楽に合わせた編集で魅せる予定でしたが、肝心のオリジナルサウンドトラックが存在しないという話を作業中に聞き、仕方なくMEテープ(音楽と効果音だけが入っているテープ)から使えそうな箇所をピックアップして貼り付けるしかなかったものでした。

MA作業(画と音を合わせる作業)にスケジュールの関係で立ち会えず、個人的に不本意な音響状態のまま発売されたものでした。

そして、諸般の事情から30年以上オクラに入っていたものでした。

良い思い出といえば、本屋さんで偶然会ったあさりよしとお氏に「1号2号の着陸のところが面白かった」と言って貰ったことでした。

そして今、「ザ・コンプリート・サンダーバード」に再び関わらせて頂けることに感謝しています。16ミリポジフィルムのテレシネ画像がHD画質のリマスターとして蘇ることに感謝しています。
現在のデジタル編集と、発見されたオリジナルサウンドトラックとTBS再放送版の主題歌を使用した音響作業に関われる機会を頂き、感謝しています。

作業はまだ先ですが、当時描いていたものに出来る限り近づけたバージョンアップ版として形にするつもりです。

改めて、当時ご迷惑を掛けたスタッフの皆様と、再び形を整えさせて頂く機会を与えて下さった東北新社様に感謝致します。

ありがとうございます。

サンダーバードファンの皆様に楽しんで頂ける作品を目指して頑張ります。

よろしくお願いします。

「サンダーバード」等ITC作品ファン
 庵野秀明

<BS10 スターチャンネル 「サンダーバード」
長期徹底特集>
特設ページはこちら
2021.10.01
<ファンイベントレポート>樋口真嗣氏×スティーブン・ラリビエー 初の対談が実現!
1965年に本国イギリスで放送スタートした日として制定された、9月30日の記念すべき”サンダーバードの日”に、本作の日本版構成担当を務める樋口真嗣氏と、イギリスで本作を制作した監督兼プロデューサーのスティーブン・ラリビエー氏が登壇するオンラインファンイベントを開催。樋口氏とイギリスからリモートで参加するラリビエ―は今回が初対面となり、撮影技術が発達している中で当時の撮影手法そのままに映画化に至った経緯や、大ファンであった「サンダーバード」シリーズの魅力などについて語り、ファンと共にイベントを盛り上げました!

【日時】 9月30日(木) 18:30〜19:45
【登壇者 ※敬称略】 樋口真嗣(日本版構成担当)、スティーブン・ラリビエー(監督・プロデューサー ※リモート出演)、笠井信輔(MC)


ステージにはサンダーバード2号のプラモデルやレプリカ人形が置かれ、今回の司会進行で大の『サンダーバード』ファンである笠井信輔アナウンサーはキャラクターがかぶっている帽子を頭に乗せて「この帽子も私のマニアな友達が手作りしてくれた非売品の私物!ついに待ちに待った日がやってきました。私もワクワクしております!」というブチ上げ挨拶から、ファン垂涎の貴重なイベントはスタート。開始早々に1960年代当時の“スーパーマリオネーション”と呼ばれる独自の手法を使用した本邦初公開の本編メイキング映像が上映されるなど、“サンダーバードの日”に相応しい幕開けとなりました。

監督兼プロデューサーのスティーブン・ラリビエー監督は「私は10年前に日本に住んでいました!今イギリスの自宅で1号と5号も一緒にいますよ!FAB(了解)!」と流ちょうな日本語で挨拶。リモートで参加した一般の『サンダーバード』ファンもスクリーン上に映し出され、ラリビエー監督は当時の撮影手法を完全踏襲して製作したことに「やはり『サンダーバード』といえば、ミニチュア映像であり人形を使用した撮影手法。それ以外で撮影するという選択肢はありません!人形を使って映像を作るのも、ものを爆発するのも楽しかった」と喜色満面。また苦労した点については「人形は重たくて、操作も大変。それを思った通りに動かすのは難しい。しかも重いから腕も疲れる。オリジナル版当時はそれを12年間くらいやっていたわけだから…よくやったなあと思う」と経験してわかった先人へのリスペクトの念を口にしていました。

そして今回は本作の構成担当で『サンダーバード』ファンの樋口真嗣監督も登場!ラリビエー監督とは初対面となり、樋口監督が「FAB!『サンダーバード』の魅力は爆発だ!」と言うと、ラリビエー監督も「僕も爆発シーンは大好きだし、作っていても最高だったよ!」と笑顔で一気に相思相愛。改めて樋口監督は『サンダーバード』の魅力について「本物を丁寧に見せる。メカが発進するときもただ発進するのではなくて、扉が開いたり、ヤシの木が倒れたりする。そのプロセスを丁寧に見せる。ストーリー的には蛇足だが、しかしそれこそが大事なこと」とクリエイターとしての目線で解説しました。そんな熱烈ファン二人の“推しメカ”を聞かれると、ラリビエー監督は「1号!」と即答。樋口監督は「僕はジェットモグラ!どこがジェットなのか、何のためにあるのかわからないけれど、コンテナメカとして出色の完成度!」と愛着を口に。残念ながらジェットモグラは今回の作品には出ていないと言うが、ラリビエー監督は「樋口監督がイギリスに来ることがあったら一緒に作りましょう!」と樋口監督にラブコールを送っていました。

また映画『シン・ゴジラ 』『シン・ウルトラマン』の監督として知られる樋口監督は「なぜ『サンダーバード55/GOGO』製作にGOサインが出たのかを知りたい。僕らは『ウルトラマン』や『ゴジラ』を作るのに40年もかかったのに…」と質問。それにラリビエー監督は「僕には“スーパーマリオネーション”に関するドキュメンタリーを作った実績もあり、『サンダーバード』50周年の際に企画を打診したらOKをもらった。『サンダーバード』を復活させたらファンも喜ぶと思ったんだろう。いざ作ってみたら、それ以上の効果があったけれど」と製作までの舞台裏を明かした。一方のラリビエー監督は日本版がどのような形になるのか気になるようで、それに樋口監督は「ラリビエー監督たちがこの映画を作りたいと思った気持ちが素晴らしく、皆さんがこだわったプロセスを見てほしいというのがキモです。ラリビエー監督の物語として出来上がるように構成しています」と構成担当としての責任を口にし「そして日本での『サンダーバード』と言えば、あの主題歌!それを最後に流したいので、そこだけは日本独自に付け加えるかもしれない」と日本版ならではの構想を語りました。

イベントではたくさんのビッグサプライズ発表も。まずは本作の公開日が2022年1月7日(金)に劇場公開、1月8日(土)にオンライン上映が決定!『機動戦士ガンダム』のメカニックデザイン担当で知られる大河原邦男氏による待望の本ポスタービジュアルも初公開。ラリビエー監督は「とても感動!凄い!部屋の壁に飾りたい!」、樋口監督も「大河原先生が人を描くなんて初めて見た!」と大興奮。また10月1日より全国の劇場で販売される3種のメカの絵柄が描かれたムビチケのビジュアルも初めて明らかにされました。

さらにはなんと、本作の撮影で実際に使われたサンダーバード1号と2号の実物が、10月1日より東京・国立新美術館で開催される庵野秀明の展覧会「庵野秀明展」で展示されることが樋口監督の口から発表されると、リモートで視聴しているファンは一同拍手を送り喜びを露わにしていました。
最後に、日本公開に向けてラリビエー監督は「日本で映画が公開されるまでに来日したいです!それが叶ったら、日本のファンに直接お会いしたいです!」と日本語で激アツメッセージ。それに樋口監督は「歓迎します!」と満面の笑みで「自分の人生の中で『サンダーバード』に関われるとは思わず…。これもすべてラリビエー監督の頑張りのお陰です!」と完成に向けて気合十分の様子。ファンたちの期待と熱気はますます上昇した様子でイベントは締めくくられました。


2021.09.30
2022年1月7日(金)劇場上映開始/
1月8日(土)オンライン上映開始、
決定!
大河原邦男作画による
待望の本ポスタービジュアルと、
メイキング映像解禁!
『サンダーバード55/GOGO』の公開が2022年1月7日(金)劇場上映開始/1月8日(土)オンライン上映開始で決定!さらに本ポスタービジュアルが解禁となりました!
作画はなんと、日本を代表するロボットアニメ「機動戦士ガンダム」のメカニックデザインを担当した大河原邦男氏によって特別に制作されたもの!当時のビジュアルに近いレトロで懐かしいタッチのポスターは、ペネロープ、スコット、バージル、ゴードンの姿が描かれており、ポスターを手掛けた大河原氏は「長い間世界中に多くのファンを持つ『サンダーバード55』のキービジュアルに係れる名誉と責任を痛感しました。このプロジェクトに参加させて頂き仕事人生に又一つの思い出が加わりました。有り難うございました。」とコメントしており、本人にとっても貴重なこの機会に喜びを噛み締めています。本ポスタービジュアルは、9月30日(木)に行われたサンダーバードファンイベント中に初公開され、配信イベントに参加したファンたちからも、本作への更なる期待の熱気を集めました。

『サンダーバード55/GOGO』
ポスター作画・大河原邦男氏 
コメント全文

長い間世界中に多くのファンを持つ「サンダーバード55」 のキービジュアルに係れる名誉と責任を痛感しました。今まで50年近く多くのイラストを手掛けてきましたが殆どが自分のデザインしたメカ達でした。「サンダーバード」 のメカニックは存じ上げていましたが、放映当時はアパレル産業に就くべく勉強していた時代で作品の内容に関しては余り詳しく知りません。サンダーバードファンの皆様からはメカの形状解釈が違っているとのご指摘が有るかもしれませんが全力で描かせて頂きました。このプロジェクトに参加させて頂き仕事人生に又一つの思い出が加わりました。有り難うございました。

本作のメイキング映像も初解禁!映像では後にも先にも類を見ない、60年代当時のスーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を使用したメイキングの様子が映し出されており、懐かしくも今見ても斬新で、サンダーバード特有の魅力を感じられます。プロデューサー兼監督のスティーブン・ラリビエーを始め、スタッフは揃って「作業する過程で現代の映像技術を使う方が楽だと感じることもある。それでも当時の手法を使うことを選んだ。この撮影技術や人形・特殊効果は未来に残すべきものだ。サンダーバードが放送や公開されるたびに、さまざまな世代の子供たちが魅了されていく。全ての伝統的な技術を次世代のアーティストたちに受け継いでいくべきだよ。」とあえてこの世界観を選び、本物ではない全ての人形と模型に命を吹き込むこだわりを明かしています。

2021.09.30
特典付き前売券4種 発売決定!
『サンダーバード55/GOGO』の4種類の特典付き前売券が10月1日(金)より発売!
この機会にぜひお買い求めください。


■ムビチケカード4種
・サンダーバード55/GOGO
【絵柄:サンダーバード1号】
・サンダーバード55/GOGO
【絵柄:サンダーバード2号】
・サンダーバード55/GOGO
【絵柄:サンダーバード4号】
・サンダーバード55/GOGO 【ロゴ絵柄】

※【ロゴ絵柄】のみメイジャー通販および一部の催事場限定販売
※絵柄は無くなり次第終了となります。ご了承ください

【価 格】各種1,600円(税込)
【特 典】サンダーバード2号ステンレスキーホルダー


※特典の数には限りがございます。無くなり次第終了となります。ご了承下さい

【ご購入はこちらへ】
■劇場での購入
※ムビチケカード発売劇場はこちら

■オンライン
メイジャー公式通販はこちら
2021.09.10
『サンダーバード55/GOGO』
ファンイベント 9/30開催決定!
来年公開の『サンダーバード55/GOGO』に先駆け、本国イギリスで放送スタートした日として制定された9月30日「サンダーバードの日」を記念し、オンラインファンイベントを開催します。日本公開版本編構成担当の樋口真嗣氏、監督・プロデューサーのスティーブン・ラリビエー、笠井信輔アナウンサーを交えてのトークのほか、初出し情報満載のファン必見の内容になります。是非ご参加ください!

開催日時:
9月30日(木)18:30〜19:45予定 
※オンライン開催のため17:30頃より入場いただく必要がございます。
参加費:無料
(通信費、機材などはご自身でご負担ください)

参加申請はこちら
※参加申請締め切りは好評につき9月27日23:59まで延長になりました。
2021.08.13
特報&公式サイトオープン!
樋口真嗣監督が構成担当に決定、
メッセージ到着!
1965年にイギリスで、翌1966年には日本でも放送が開始され、英国テレビ界の名匠ジェリー・アンダーソンの代表作にして、スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の撮影手法を駆使した特撮人形劇の最高傑作として名高いテレビシリーズ「サンダーバード」。人形の独特な動きや、ユニークな近未来的メカデザイン、人形劇とは思えないダイナミック特撮描写はテレビ界の常識を塗り替えたとも言われ、劇場用長編版も2本製作されているほか、2004年には実写版リメイク、2015年には新たにCGアニメーションが制作されるなど、現代まで世界中のファンに愛され続けている。なかでも日本での人気は絶大で、「ウルトラセブン」をはじめとした黎明期から今日の『シン・ゴジラ』などに至るまで、数々の日本特撮、ロボット・SFアニメ作品にも多大なる影響を与えた、特撮界の伝説的作品として知られています。

★当時の撮影手法そのままに、完全新作エピソードで復活を遂げた映画『サンダーバード55/GOGO』特報が解禁!
日本放送開始55周年を祝して発足された「サンダーバード55周年プロジェクト」。その目玉企画として公開される本作『サンダーバード55/GOGO』は、本国イギリスの熱狂的なサンダーバードファンのクラウドファンディングによって制作された3話のエピソードを日本公開用に独自に再編集した特別版になります。これらの3話のエピソードは当時ラジオドラマとして書かれた脚本をもとに、はじめて映像化されたもの。オリジナルへのオマージュとしてスーパーマリオネーションの伝統的な技術を駆使して撮影され、完全新作として蘇りました。この度、『サンダーバード55/GOGO』の特報が解禁となります!オリジナル作品で最も有名な、あのファイブ!フォー!スリー!トゥー!ワン!のカウントダウンが、新たな映像と共に華麗に蘇ります。



★『シン・ゴジラ』『シン・ウルトラマン』監督を務める樋口真嗣監督が、本作の構成担当を務めることが決定!
樋口監督よりメッセージが到着!

55周年を記念し3本のオリジナルストーリーを1本化し世界初の映画版を公開するに辺り、配給サイドより「サンダーバード」大ファンである樋口監督へオファーし、『シン・ゴジラ』『シン・ウルトラマン』の樋口真嗣監督構成のもとで、3話のエピソードをそのままに、世界初の【1本の劇場映画】映画『サンダーバード55/GOGO』として完成いたします。 一体、どのようなサンダーバードが完成するか、是非、続報にご期待下さい!
この度、最も影響を受け、自他ともにサンダーバードファンを公言する樋口真嗣監督より、制作へ向けてのメッセージをいただきました。

樋口真嗣監督 コメント
何年か前に酒場で酔って見た記憶がありました。サンダーバードの未発表のオリジナル音源が見つかって、オリジナルの操り人形を使い、かつてのスタッフが集まって映像化——— 。まるで夢のような出来事でしたが、あれは夢ではなかったのです。ノーCGのスーパーマリオネーションの復活なのです!
もっと愛が深い“サンダーバー道”の大先輩たちを差し置いてワタシ如き若造が、まことに僭越ではございますが、ゼロエックス、スカイシップ1に続く劇場公開を目指して鋭意出動準備中であります。ご期待ください。
【構成担当 樋口真嗣】


9月7日(火)東京オペラシティ コンサートホール開催予定の『サンダーバード55周年シネマコンサート』は緊急事態宣言を受け主催4社での協議の結果、2022年1月9日(日)に公演延期となりました。ご購入されたチケットで、同じ公演回・席番で鑑賞可能です。

詳細はこちらをご確認ください。

会場で発売予定でございました先行ムビチケについては後日詳細をお知らせいたします。